「米国の対日不信は募るばかり、まともな新政権に交代を!!!」について

米国の対日不信は募るばかり、まともな新政権に交代を!!!」について
■民主・藤田国際局長を米紙が酷評 同時テロ陰謀説示唆で―またまた、日米関係悪化の原因が一つ増えた?
http://yutakarlson.blogspot.com/2010/03/blog-post_09.html
こんにちは。最近、普天間基地問題や、小沢氏の朝貢外交、密約問題などで日米関係が悪化しています。この悪化は、いろいろな面で影響を及ぼしています。トヨタリコール問題はその典型例で、豊田章雄社長の誤算は、日米関係が悪化しているにもかかわらず、通常の時の対応で済ませようとしたことです。その他、"The Cove"のアカデミー賞受賞などのことがありました。私のブログでは「私たちは、こういうこと(日米関係の悪化)が背景にあることを十分承知の上で、アメリカへの対応をしていかねばならなくなったということです。これは、何も政府レベルの話だけではなく、企業レベルでも、個人レベルで起こりえる話です。皆さんもうっかりしていて、足元をすくわれないようにくれぐれもご注意を!!」と警告を発していました。今回の藤田局長の例は、こうした私の危惧が的中してしまった格好の事例となってしまいました。それだけではなく、民主党の危機管理能力も野党のときのままであることを暴露した結果になったと思います。詳細は是非私のブログを御覧になってください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック