【日本の解き方】あまりにヒドい政府の“日本再生戦略”―【私の論評】今の政府や政治家は、自分の頭の上の

現実を見ないという点で一貫しているエネルギー政策」について
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/Ho2zG
こんにちは。政府が"日本再生戦略"として、2020年までに環境や医療、観光など11の戦略分野で38の重点施策を掲げ、630万人の雇用を創るとしています。しかし、成長する産業は、政府はおろか、優秀な民間企業でさえ、見抜けないことがあります。たとえば、あのNOKIAです。NOIKIAは、実はiPhone、iPadのような製品をAppleに先駆けて開発していましたが、市場に投入する時期を間違え、株価が落ち込み、数千人の従業員が職を失う事態に陥りました。民間企業ですら、こうですから政府が成長する産業を見極めることなどほとんど不可能です。政府の役割は、新産業などが生まれやすいように、経済活動が活発になるように、法律を整えるだとか、規制を撤廃したり強化するとか、公共工事をするとか、安全保証などをして、いわゆるインフラ(基盤)を整えることです。このようなことを忘れて大失敗したのが、かつての社会主義国であり、福祉国家です。これらは、大失敗しているにも関わらず、今の政府は、自分の頭の上のハエも追えない人がやる必要もない他人の世話を焼いているようなものです。そんなことをしないで、本来自分たちがやるべき仕事に専念しろと言いたいです。詳細は、是非私のブログを御覧になって下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック