「高速バス横転の大学生を逮捕~「自殺したかった」」について

高速バス横転の大学生を逮捕~「自殺したかった」」について
高速バス横転 逮捕の大学生は就職活動の帰りか―【私の論評】もう雇用環境は本格的に変わってしまったのかも?
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
http://goo.gl/jvf3g
こんにちは。高速バス横転の犯人は、就活がうまくいかない現役大学生の仕業でした。今日の、雇用環境の悪化は、マクロ的に見れば、デフレによるものであり、これを改善しなければ永遠に解消できません。しかし、ミクロ的な見方をすれば、企業側としても、最近では、何の仕事もできないし、コミュニケーションもうまくとれない、社会性のない新入社員を定期的に大量に採用する事自体に嫌気がさしているという部分もあるのではないかと思います。これは、デフレの背後に隠れて良くは見えませんが、日本的雇用慣行である、新卒大量雇用そうして、毎年4月に入社式・研修という海外にはみられない日本独特の雇用慣行の崩壊が近づきつつあるのであって、たとえ、デフレが解消されたとしても、元にもどることはないのではないかと思います。私のブログでは、こうした雇用環境の変化の可能性を示唆してみました。詳細は是非私のブログを御覧になってください。

"「高速バス横転の大学生を逮捕~「自殺したかった」」について" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント